ノベルゲーム中のミニゲームについて考える

ゲームシステム
スポンサーリンク

こんにちは、ぼっちです。

今回はノベルゲーム中にミニゲームが入るのってどうなの? というテーマについて語りたいと思います。

ノベルゲーム中のミニゲームとは

ノベルゲームと言えば、文章を読み、時には選択肢を選ぶ。

若干変わったシステムが搭載されているゲームもたくさんありますが、これが基本かと思います。

ティラノスクリプト デモゲームより

ゲーム性といえばせいぜい選択肢の選び方くらいで、アクション性や戦略性をともなうジャンルと比べるとどうしても単調になりがちです。しかし、それがいいという層が少なからずいるのも事実。

一方、商業のノベルゲームにはしばしばミニゲームがついてくることがあります。

よくあるパターンですと、Extra(CGとかシーンとか見れるところ)にカードなどのゲームが追加されてて、キャラの柄のカードで遊べるやつとかですね。

Black Cyc EXTRAVAGANZAより

これは興味がなければ完全にスルーできる、いわばお遊び要素かと思います。

では、このミニゲームがシナリオ中に挟まるとしたらどうでしょうか。

有名なところだと、リトルバスターズ!の野球ゲームがこのパターンでした。

もちろんスキップすることもできますが、EXTRAにひっそり出てくるミニゲームと違い、シナリオ中のミニゲームはなんとなくやってしまうイメージがあります。

これが楽しかったり面倒だったりするのは、シナリオとミニゲームの内容、タイミングなど様々な要因が絡んでくるのではないでしょうか。

シナリオ中にミニゲームを入れるのは、あり?

私はシナリオのプロットを固めていたある日、あるシーンで「ここ、もしかして単純なシナリオじゃなくてミニゲームにしたら面白いのでは?」と思いつきました。

しかし、ちょうどADVをそこそこやる友人と話す機会があったのでそのアイディアを言ってみたところ、「ミニゲームはシナリオ中に入れない方がいい」と言われました。

「世の中にはシナリオ中のミニゲーム絶対許さないマンが存在するから、どうしても入れたいならEXTRAに入れた方がいい」とのこと。

確かにカードゲームとかアクション性のあるゲームはノベルゲームプレイヤーに忌避されるのもわからなくもないないですが、私が考えたのはADVシステムの延長にある思考ゲームやクリッカブルゲームだったので、なんとなく納得がいきませんでした。

それに、ただ単にミニゲームが入れたいのではなく、シナリオの展開に合わせたものを入れたかったので、EXTRAに入れるのでは意味がありません。

というわけで、もう少し大きい母数で実情を調査したくなり、Twitter上でアンケートを採りました。

その結果、約200名の方にご協力いただき、おおよそですが74人があり、100人が回避可能ならあってもよい、26人がなしと考えるというデータが得られました。

9割があってもいいと思っている?

この結果を見て、あぁ約9割の人が別にあってもいいと判断してるんならいいじゃん、という結論を出すのは非常に早計です

なぜなら、たった140字に収めた仕様を聞いただけでもこれはなしだわ、存在するのが許せんと思った人が1割もいるからです。

私は当初、なしと答える人はせいぜいいても1~2人程度だろうと思っていました。

しかし、実際は26人の方が、友人の言う通りシナリオ中のミニゲーム絶対許さないマンだったのです。

ミニゲームというのは、本来なくてもいいけれどプレイヤーに喜んでもらうためにあるものです。

それがあるとむしろ嫌という層が1割いるというのは見過ごせません。

しかも、実は必須だったら……

そして私にとって最大の問題点は、自分が考えた実際の仕様は、一見スキップできるように見えるミニゲームがエンディング分岐に関わる仕組みだったのです。

詳しくは現在制作しているゲームのネタバレになるので今は書けませんが、下記のような仕様を考えていました。

私の考えたミニゲームの仕様
  • ミニゲームはその場でスルーできる、スルーしても進行に影響はない(最良の結果を取ったものとして進められるし、失敗した場合BADに行くわけではない)
  • ただしミニゲームで良い成績を取った場合、ご褒美にTIPS的なものがもらえる
  • そしてこのTIPSを集めた量がエンディング分岐に関わる

問題はこの3番目の部分で、一見スルーできるように見えたミニゲームが、実はやらなないとベストエンディングに到達できないのです。

もちろん緩和策はいくつか用意してあり、たとえばミニゲームを完全にスルーしても、選択肢回収でベストエンディングに必要な量は満たせるようにするつもりでした。

しかし、この緩和策はゲーム内に示す手立てがなく、メタキャラクターのセリフでそれとなく示唆する程度にしか留められません。

ようするに、再整理すると、

  • ミニゲームをやらないと間接的にベストエンディングに到達できない
  • ミニゲームをやらずにベストエンディングに到達する手段はあるが、その手段をゲーム内で示す手立てがほぼない

ということになります。

つまり、これは回避可能ならあっても構わないと答えた人を敵に回す仕様です。

約7割の人が回避できないミニゲームを渋々やらされたと思い、不満を抱くに違いありません。

この結果を踏まえると、今構想しているシステムのままではストレスを溜める人の方が圧倒的に多いので、技術面、時間面などの兼ね合いも考慮して、現在作っているゲームにミニゲームを入れるのはナシという結論になりました。

実際に開発する前に確認しておいてよかったです。


ミニゲーム、好きなんだけどね……シナリオ中にあるのは嫌! という気持ちもわかります。

どうすればシナリオに密接したミニゲームを上手く入れられるのか、まだ答えは出ていません。

同人ゲームは好きに作っていい反面、プレイヤーも少しでも面倒を感じたら離脱率が上がると思うので、難しいところですね。

最後に、アンケートにご協力いただいた皆様ありがとうございました。

コメント

  1. 妹尾 より:

    こんばんば、なかなか興味深かったのでコメントさせてもらいます。
    以前やったエロゲでマルコと銀河竜という作品がシナリオ中にミニゲームが挿入されてました。
    ジャンルはシューティングや、刹那の見切りなど、いくつか。
    個人的にはシナリオが見たくてADV系をプレイするので、ミニゲームはないほうがいいかなーという意見です。別にやってみると楽しくないわけではないんですが笑

    そもそもシナリオについてくるミニゲームという順序がおかしくて、
    フリーゲームも全般がゲーム要素にシナリオがついているというほうがしっくりきます。

    あと、ミニゲームが出てくる頻度とかタイミングにもよるんじゃないでしょうか。
    確かサマーポケットというギャルゲは卓球のミニゲームが一度だけ挿入されていました。

    リタイアしないであろう終盤に入れるとか、どうしてもこのミニゲームをやって欲しいという一つに絞るとか、いろいろ案は出てくると思います。

    • botchbotch より:

      コメントありがとうございます!
      マルコと銀河竜、ビジュアルだけは見たことあったのですが、確かにミニゲーム入れやすそうな感じですね。

      私のモチベーションとしてはそのゲームの特徴的なシステムとして入れたいという思いだったので、
      1つだけなら最初からいらないかなーという感じでした。
      やはりADVプレイするモチベーションにゲーム性がないのが大きいかなと自分でも思います。
      色々貴重なご意見ありがとうございます。現在制作中のゲームにミニゲームは入れない方向で決定しましたが、
      今後の参考にさせていただきます。

タイトルとURLをコピーしました