【CG色塗り】肌の塗りが青く(黒く)見える理由を分析してみた

CLIPSTUDIO

こんにちは、botchです。

今日は以前から悩んでいた「自分の絵の色が悪い理由」について、たぶんこれだろうという原因が特定できたので、記事にまとめたいと思います。

題して「どうして(自分の絵の)肌は青いのか」です。それなりに絵が描ける方なら知ってるor無意識に対策していることかもしれませんが、同じことで悩んでいる方がいたら参考になれば幸いです。

肌が青く見える

先日CGの差分ができたので、ウキウキでTwitter上にアップしたのですが……

あれ、なんか肌色悪くない……?

肌色悪いっていうか、なんか青く見えませんか?

人物を普通に塗った後、夜の森の背景と馴染ませるため青を乗算で入れてますが、顔の部分は消しているのでそれが原因ではないはず。

実はこの違和感1枚目のCGを描いた時から抱いていたのですが、その時はコミケの締め切りがやばくてじっくり考える余裕がなかったんですよね。

なぜTwitterにアップして初めて気づいたかというと、「iPadとPCモニタで見える色が全然違う」んですよね。

画像だとわからないので、写真を撮って比べてみると……

iPadから見えている色

PCモニタから見えている色

全然違くないですか!?

目で見える色はまた若干違うのですが(iPhoneで撮った写真だとちょっと紫が入りすぎてますね)、大体これくらい差が出ています。

iPadはDCI-P3と呼ばれる一般的なPCモニタよりもずっと広い色域規格が採用されています。

なのでPCモニタより発色がよすぎるんですね。

ただ、差があるだけなら「モニタのRGB調整がおかしいんだろうなぁ」で済ませたところなんですが、神絵師の絵は普通に見えるんですよ……!

つまり、問題はモニターではなく色塗りにあるということです。

肌はこの手のゲームにおいて非常に重要なパーツなので、この青く見える現象を無視するのはいただけない……!ということで、原因を探ってみました。

原因はベースの色選び?

まず真っ先に疑ったのは、「肌のベースの色が薄すぎるのが原因ではないか」ということです。

絵のキャラは色白という設定があるため、ベースの色をかなり薄くしています。

RGBで言うとR253,G241,B246です。ほぼ白。カラーサークルでは赤寄りのところです。

この色が薄すぎるため背景の青に引っ張られて青く見えているのでは?という仮説を立てました。

しかし、実際は色の濃さ自体は著しく間違っているというほどでもありませんでした。というかこれ以上濃くすると肌が赤すぎておかしくなりました。

じゃあ色相がおかしいのか?ってことで今度はベース色を少し黄色に近づけてみました。

神絵師の絵をスポイトしてみるとベースが自分よりもずっと黄色寄りのことが多いので、色相が間違っているのかと推測したのです。

これについては半分間違いでした。

確かに青さは軽減されましたが、今度は黄色みがすごく強く出てしまって私の絵柄には合いませんでした。

元の色

ベースを黄色に近づけた

すごく……黄色いです……

原因は背景?

これは間違い!背景の有無で比較しましたが、印象は変わりません。錯視的な問題があるわけでもないようです。

肌が青く見える原因は……

自分で考えてもわからないので色々ググったところ、1つ回答に近しいデータがありました。

こちらの記事の中の「同一色」で比較されている絵を見ると、私の絵と同じ現象が起きているのがわかります。

さらに調べると、ほぼ答えを解説している記事がありました。

影色が分からない人必見!表現幅が広がる影色の選び方 | いちあっぷ
イラストを描くとき、なんとなく影色を選んでいませんか?   そのときの気分で影色を決めていると、可愛い絵にしたいのに重厚感ある雰囲気になったり、今風のきらきらした雰囲気のイラストにならなかったりと、意図した表現が出来なくなってしまいます。   そこで今回の記事では影色の選び方を徹...

ようするに、「影色の選び方がおかしいので暗く見える」のが、正解でした。

なるほど~影色をベースと同じ色相から選ぶと黒っぽく見える!じゃあ違う色相から選べば解決だ~!おしまい!

となればよかったのですが……

影の色相、変えてるんですが……

実は同じ色相から影を選ぶと色が沈むのは知っていたので、色相は若干変えていたのです。

上記の記事を読んだとき「いや、色相変えてるんだが……」としばらく悩んでしまいました。

しかし、原因を探るために神絵師(特にアニメ塗り)の色選びをスポイトして比較した結果、自分の色相の変え方が間違っていることに気づきました。

以下が自分が実際に取っていた色です。間違いがおわかりでしょうか。

ベース

影1

影2

影3

答えは「影色がすべてベースよりも黄色側に寄っている」んです。

私の場合「色白なら肌色は黄色よりも赤寄り!!」と決めつけて、かなり赤寄りにベースを取ってしまったんですね。

すると影をこれ以上赤に寄せると赤すぎたため、無意識に「黄色方向で色を取ってしまった」のが原因でした。

神絵師たちがベースは黄色寄りに取っていたのは、影を赤側に取るためだったんです!!

実際に人の肌って黄色ベースで、影は血で若干赤みが入るので、現実でもベースから影の方向は黄→赤が正しいですよね。

というわけで、まずベースを黄色に若干寄せること自体は間違っていなかったのですが、ベースを最も黄色寄りにして、濃い影ほど赤に近づけるのが正解でした。

また、もう1つ大きな間違いとして、彩度・明度があまり動いていないという点も挙げられます。

肌の色ってどうしても黒を入れるイメージがなくて明度を色相ボックスの上辺以外の色をなかなか取れなかったのですが、人の影って実際はある程度黒も入ってますよね。

今回の分析で人肌の色をじっくり観察して色々気づきを得ることができました。

と、いうわけで、原因が判明したところで改善します。

影色を直した

同じ絵で直した影色を比較してみます。

Before

After

もう少しわりやすく影入れろって感じですが、Beforeがひどすぎるので首回りとかわかりやすいんじゃないでしょうか……!

変更後の色は下記のとおりです。

ベース

影1

影2

Beforeは1影がベースよりも黄色に寄っていて彩度・明度に大差がないので、なんだがぼやぼやしてるんですよね。そして3影が今度は赤すぎる(塗る範囲が狭いので2影は省略しています)。

Afterは影がはっきりして色の浮きも改善されました。また、実はBeforeは影を乗算で塗っていたのですが、ゲームCGなどは通常で影を入れた方が色変更の際都合がよいので、Afterは影もすべて通常レイヤーで入れています。

ここから更に青みを入れたりするとより映えるという知識も得たので、上記をベースに肌色を修正していきたいと思います。

つまり、今まで描いたすべての立ち絵・CGもすべて塗り直します

CGは努力課題に近いですが、立ち絵はゲーム内で最もよく見る絵なので、ここに違和感があると厳しいので、次のCG作業前に実施します…………。

今回の教訓

  • 塗りは複数のモニターでチェックする(特にiPadのみは危険!
  • 影色はベースよりも赤寄りに、彩度・明度も思い切って変える
  • CGの塗りは極力乗算ではなく通常で!
  • 色に疑問を持ったらすぐに直す
  • 色に疑問を持ったらすぐに直さないと後で苦しむ

私はこの教訓を胸に、二度と塗り直しが起きないように違和感がなくなるまでチェックしたいと思います(フラグ)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました